アダラート CR 半 割


また、同じく降圧剤のアダラートcrは24時間持続タイプという特性を持っていますから、消化管の中でゆっくり溶け出すよう二重にコーテーングされているため、割ると24時間タイプの特性が失われてしまいかねないなど、薬の特性を考慮する必要があります。 アダラートL錠10mgの効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。全身皮膚の発赤・皮膚のはがれ、発熱、全身倦怠感 [紅皮症(はく脱性皮膚炎)]。頭痛・発熱、のどの痛み、筋肉痛、鼻血、皮下出血 [無顆粒球症、血… アダラートCR錠40mgの効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。全身皮膚の発赤・皮膚のはがれ、発熱、全身倦怠感 [紅皮症(はく脱性皮膚炎)]。頭痛・発熱、のどの痛み、筋肉痛 [無顆粒球症]。 アダラートCR錠は穏やかに効果を発揮し持続する特徴により、1日1回の使用で効果が24時間持続します。 用法及び用量 高血圧症. アダラート(一般名:ニフェジピン)は1976年から発売されている降圧剤(血圧を下げるお薬)で、カルシウム拮抗薬という種類に属します。アダラートには、 アダラート(1976年発売) アダラートl(1985年発売) アダラートcr(199 アダラートは剤形が複数存在しています。24時間効果が持続するcr錠、12時間持続型のl錠、通常タイプのカプセルになります。この中で最も頻用されているのがアダラートcr錠になります。2013年には1日1回服用のみであった服用方法が1日2回の適応も通りました。