オリーブ 剪定 てっぺん

常緑高木で銀色の葉が美しいオリーブは、庭木としても人気のある果樹のひとつです。海外ではイタリア、国内では小豆島がオリーブの産地として知られています。オリーブは品種によって枝の広がり方が変わります。ここでは初心者でも失敗しないための剪定のコツやポイントを紹介します。

大きな剪定は1~3月に行い、その後も様子を見ながらこまめに剪定します。風通しを良くすることも大事ですが、 果実がつく枝をきちんと残しておきましょう 。 オリーブの実を収穫しよう オリーブの木の剪定方法や剪定時期について、わかりやすく解説しています。良い実をつけるための樹形や、切るべき枝の種類について解説しているほか、剪定に必要な道具や薬剤、おいしい実をつけるための剪定のコツについても調査しました。 過去に同様の質問が有ればご容赦下さい。先日鉢植えのオリーブ(ミッション、樹高1m程度)の剪定をしましたが、調子に乗って先端部(木のてっぺん)を切り落としてしまいました。もう50cmほど上に伸ばすつもりでしたので、ここで樹高 オリーブの木にかかわらず、樹木を自宅で楽しむために欠かせないのが、枝をきりそろえる「剪定(せんてい)」という作業です。 木は生き物なので放っておくとどんどん大きくなりますが、私たちの住むスペースは限られているので、木が大きく育つと手に負えなくなります。 平和の象徴として家庭円満、夫婦円満を願い、庭のシンボルツリーとしても人気のオリーブ。樹齢が長く、大きく育つので剪定が必要になってきます。そんなオリーブを手入れするのに最適な時期やタイミング、切り方など、剪定の仕方について詳しくご紹介します。 オリーブをご家庭でも育てることで、お庭に爽やかなイメージを与えることができるだけでなく、料理に活用できる実を収穫することができます。オリーブを健やかに育てるためにも、定期的な剪定を欠かさないようにしましょう。今回のコラムでは、オリーブの剪定について解説します。