不採用 理由 性別


記事作成日:2016年6月8日.

不採用の理由は述べないことがマナーです。 というのも、理由次第では大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。 また、下手に述べてしまうと労働基準法等の法律に抵触する内容になってしまう可能性さえあります。 企業が不採用理由を伝えない理由. 従業員を募集・採用する際に、男女で異なる基準を設定したり、性別を理由とする差別的な取扱いが禁止されています。 また、男女雇用機会均等法の第7条(性別以外の事由を要件とする措置)では、次のように定められています。 不採用を電話で伝える時は理由と言い方. 不採用の理由を聞いて次の求職活動に役立てることも大切かもしれませんが、それよりもそこは深追いせず、「自分には合わなかっただけだ」と気持ちを切り替えて、自分の個性に合った職場を見つける方へ向かって進んでいかれることをおすすめします。

不採用通知を受け取って、なぜ不採用になったのか悩んでいませんか? 志望動機に余計なことを書いてしまったとか; 面接の受け答えに失敗したとか; 不採用になった理由は、特に教えてもらっていないのであれば闇の中。つまりよくわかりません。 就職活動や転職活動では、企業側から明確な不採用の理由を伝えられないまま不採用となってしまうことがあります。 不採用の理由を尋ねられても、 「申し訳ありませんが、内部で検討を重ねた結果ですので、それについてはお答えいたしかねます。」 と回答し、理由を伝える必要はありません。 または、