学校 保健 安全 法 20 条 臨時 休業

学校保健安全法第20条(臨時休業) 学校の設置者は、感染症の予防上必要があるときは、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる。 では演習。 (演習) 次の文の正誤判定をせよ。 これにとどまらず、学校の設置者が、学校保健安全法第20条に基づく学校 の全部または一部の臨時休業を行うのは、保健所の調査や学校医の助言等に より、感染者の学校内での活動の状況や地域の感染拡大の状況を踏まえ、学 (臨時休業) 第20条 学校の設置者は、感染症の予防上必要があるときは、臨時に、学校の全部又は一 部の休業を行うことができる。 (学校医、学校歯科医及び学校薬剤師) 第23条 学校には、学校医を置 … 3 臨時休業について ・感染症予防のための臨時休業は、※3学校保健安全法第20条に基づき、市教育委員会が行います。 ・臨時休業の実施の必要性、範囲・規模については、感染児童生徒の状況、地域における患者の発生状況等を 学校保健安全法.

※学校保健安全法(昭和33年法律第56号) (臨時休業) 第20条 学校の設置者は,感染症の予防上必要があるときは,臨時に,学校の全部または一部の休業を行うことができる。 学校保健安全法第20条 学校の設置者は、感染症の予防上必要があるときは、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる。 この「学校の全部」のとき学校閉鎖、「一部」のとき等を学級閉鎖と俗にいうのでしょう。

前日までの間における学校保健安全法第 20 条に基づく臨時休業)(以下「臨 時休業」という。)に伴う学校給食休止に係る学校給食費を保護者に対して返 還等するための経費を支援する事業(以下「補助事業① 」という。)に対して ※学校保健安全法(昭和33年法律第56号) (臨時休業) 第20条 学校の設置者は,感染症の予防上必要があるときは,臨時に,学校の全部または一部の休業を行うことができる。 臨時休業については、同法第20条で、「学校の設置者は、感染症予防上必要があるときは、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる」としています。その詳細については、文部科学省令に定められています。(法第14条) 学校保健安全法代20条に基づき、学校の設置者が感染症の予防上必要があるときに、臨時に学校の全部あるいは一部の授業を取りやめることです。対象範囲により、一般に学校閉鎖、学年閉鎖、学級閉鎖と呼ばれています。 (学校保健安全法 第20条)

⑴ 上記1の⑶の場合、市内小中学校すべてにおいて2週間の臨時休業とします。 (学校保健安全法第20条による) ⑵ 上記2の⑴以外の場合の措置については、状況により判断します。 「学校保健安全法」の全条文を掲載。任意のキーワードで条文を全文検索できるほか、印刷用に最適化されたレイアウトで必要な部分だけを印刷可能。目的の条文を素早く確認できるリンク機能や括弧部分の色分け表示機能も。スマホにも対応。 臨時休業. 第二十条 学校の設置者は、感染症の予防上必要があるときは、臨時に、学校の全部又は一部の休業を行うことができる。 学校教育法施行規則