日航機墜落事故 機長 顎


御巣鷹で発生したjal123便の日航機墜落事故の真相を追います。生存者は川上慶子さん、落合由美さん、吉崎博子さん、吉崎美紀子さんの4人のみで、機長を含め520人が死亡した悲惨な事故です。日航機墜落事故の原因や、川上慶子さんら生存者のその後から現在を調査します。 1982年(昭和57)のこの日、日本航空、福岡発東京行350便ダグラスDC-8-61型機が、羽田空港滑走路手前300mの海上に墜落する事故が発生しました。 これは昭和時代の出来事です。少し詳しく覗いてみましょう。 これは2分程度で読める記事です。 広告 1.解説 1967年(昭和42年)7月2日、仙台訓練所でタッチアンドゴーの訓練中だった日本航空のビーチクラフトh18型機が、操縦ミスにより水田に不時着し、訓練生4名が負傷した 。.

日本航空仙台訓練所不時着事故.

日本航空最上川墜落事故.