確定申告 領収書 ない 通帳


2017.01.07 よくあるご質問. 確定申告をするために必要な書類といえば、請求書と領収書。確定申告や青色申告をするときに、経費としての支出がわかる領収書や収入のもとがわかる請求書は必要不可欠な書類として認知されています。 経費として計上する場合、その取引を証明するために領収証は保存しておかなければなりません。 しかし、電車代や慶弔費など領収証が発行されない場合もあ … 確定申告書を税務署に提出する時、領収書は一緒に提出する必要はない。確定申告書や青色申告決算書、収支内訳書などと合わせて領収書は提出しません。領収書は提出せずに自宅や事務所などに保管しておく義務があります。 領収書の整理で確定申告に時間をかけているのではないでしょうか?今回は、確定申告をスムーズに進めるための、領収書の整理方法を紹介します。会計ソフトの効果的な使い方も解説してありますので、参考にしてみてください。 q1. 確定申告の準備を進める中、どのような領収書なら経費にできるのか、山のようにたまった領収書を簡単かつ効率的に保管できる方法はないのか、気になる人もいるでしょう。確定申告のための領収書のもらい方や保存期間、保管方法のポイントを紹介します。 確定申告で領収書を提出する必要があるか?a1. 領収証がない場合. 領収書は、個人事業主にとって必要経費を証明する大切な書類。では、領収書が発行されない場合、どうやって経費に計上すればいいのでしょうか。経費として認められる条件から注意点までを解説します。 経費を証明する書類は領収書のみ? 事業に関係する出費であれば、経費として処理することができます。経費として処理するために必要となるのが、その出費を証明する証拠。一般的に領収書と呼ばれるものがこれにあたります。レシートと呼ばれる会計明細がプリントされたものも同様です。 確定申告には通帳と通帳印鑑が必要ですか?確定申告には通帳と通帳印鑑が必要だと言われましたが、主人の通帳を持っていきます。1ページ目の口座番号などが書いてあるページのコピーではダメなのでしょうか?なんとなく、主人のものと言えども、持ち歩きしたくないといいますか…。 申告書を作成するために、収入金額が分かる書類(領収書の写しや通帳の振込記録、支払調書など)、支出金額が分かる書類(領収書やクレジットカードの明細書、通帳の引落記録など)が必要じゃ。 サラリーマンなら源泉徴収票も必須。 確定申告をするのに、領収書を整理していたら・・・「あれっ!?領収書がない!」ってことありませんか? 領収書がなくても経費になります。 その理由と突っ込まれた時の対象方をご説明させていただき …