精神科 入院 生命保険

精神疾患で通院歴のある方や現在治療中の方は、通常の生命保険に加入することは困難な場合が多いですが、精神疾患の方でも加入できる生命保険はあります。引受基準緩和型保険や無選択型保険と呼ばれる生命保険ですが、その特徴や告知義務を十分に理解し、加入を検討しましょう。 心療内科や精神科に通院すると生命保険に入れなくなる! あまり知られている話ではありませんが、心療内科や精神科にかかったことがあると生命保険への新規加入が難しくなります。 今日は、精神科に行くようなことになる前に必ずやっておくべき3つのことをお伝えしたいと思います。 その1 精神科に行く前に、生命保険に加入しておこう。 うつ状態だったり、人間関係がうまくいかずに、精神科や心療内科に通うのは間違っていません。 医療保険の入院給付金の支払対象となる「入院」とは、「医師による治療が必要であり、かつ自宅等での治療が困難なため、病院または診療所に入り、常に医師の管理下において治療に専念すること」をい … 心療内科への通院歴があると、生命保険への加入が不利になったり、最悪、入れなくなったりします。生命保険に加入する際に心療内科への通院歴を告知をすると断られる可能性があるのです。心療内科への通院歴があっても加入できる生命保険や条件を解説します。 精神科へ入院すると、ある程度のまとまったお金が必要になってしまいます。そんな時、経済的な負担をカバーしてくれるものの手段として、民間の生命保険という選択肢があります。実のところ私も、医療特約付きの生命保険に加入していたんですね。