腎臓 ドナー 登録




ようするに、本当に本心から腎臓を提供したいという方がドナーになれるということです。 また、「永年同居(同棲)されていたパートナーからの提供は出来ないか」ということも非常に良く聞かれます。 ドナーの腎臓の能力についてはドナー候補者となった時や移植前の検査で正確に調べ、能力が十分ある方だけが提供できます。ドナーとして腎提供後、ドナー自身の余命が短くなる、腎臓が悪くなる割合が高くなるといったことはありません。 登録の取り下げとなります。再度臓器移植の登録が必要となった場合は、改めて新規登録の手続きをお願いします。 それまでの累積待機日数はリセットされ、新規登録料もかかります。 ※登録者が死亡された場合は、ただちに移植施設へご連絡ください。 腎臓を移植するときの条件は、どのようなものがあるのでしょうか?腎臓の移植には、肉親や配偶者から腎臓を提供してもらう生体腎移植と、脳死や心臓死になられた方から腎臓をいただく献腎移植があり … 腎移植は、腎臓を提供する方(ドナー)と腎臓をもらう方(レシピエント)の間で行われる医療です。腎移植ドナー条件(できれば、腎移植ドナー条件へとリンクする)を満たしたドナーの方自身とその家族の方の善意により腎臓は提供されます。 ※ドナー登録後の健康状態によっては、コーディネートを進めることができないこともあります。 ※ 骨髄・末梢血幹細胞の提供にあたっては家族の同意が必要です。 ※ 腰の手術を受けたことがある方は骨髄提供はできません。 ドナー登録できないケース