裏鬼門 キッチン 対策

風水の間取りで鬼門、裏鬼門の問題が後から出てきてしまった方、風水の考えが間取りづくりのネックになっているという方の為の回避方法を図解でお伝えしています。色々な方法がある為、まずはここで全体を見て行きましょう。|家づくり教室

鬼門や裏鬼門に水回りを設けるのは危険です。 南西は西日による影響で食品が傷みやすい場所。 そんなところにキッチンを作ったら、 家族の健康が損なわれてしまいます。 しかも、ただでさえ暑いのに、そこで火を使って料理をする・・・。 鬼門と裏鬼門にキッチンを設置するのを避けるのは、鬼門と裏鬼門で様々な理由があります。 まず 鬼門である北東の方角は外から自然な光が入り込みにくい間取り になっており、それだけで 湿気がひどくなりやすくなる と言われています。 玄関、トイレ、キッチン、浴室が裏鬼門だったときにやっておきたい風水対策をご紹介しています。最近家族に元気がない…というときにも見直してみて下さい。

鬼門にキッチンがある…その対策方法は? “鬼門にキッチンがあると主婦が病気になる”なんて話を耳にしたことがあるかもしれません。 あくまでも古くから伝わる云われですが、心配な方もいると思うので、対策方法をお話します。 ① ヒイラギを植える キッチンは家事動線の中心であり、家づくりにおいても、家相学上でも、様々な影響を及ぼすため、最重要ポイントであるといえます。キッチンの吉凶は、火気とシンクの方位から考えることができます。この二つを無難にすることで凶相を避けることができます。 家相では、鬼門や裏鬼門の方角に玄関や水回りがあると「縁起が悪い」「凶相である」とされています。 だとしたら、「鬼門と裏鬼門には玄関・水回りを配置しなければ良い」と単純に思うかもしれません。 しかし日本では、鬼門・裏鬼門に また、玄関やトイレなどを鬼門や裏鬼門を避けると キッチンは鬼門や裏鬼門近くに配置されていてもおかしくないのです。 北東のデメリットは冬場に冷えるということ。 解消方法としては床暖房をキッチンにつけるということ。 家相において、鬼門(北東)・裏鬼門(南西)はとても重要な場所です。ここに玄関や勝手口を設置するのはよくありません。 鬼の通り道と呼ばれていて、縁起が悪いとされているからです。 しかし、間取りを決める上でどうしても鬼門に勝