鶏 慣用句 ことわざ

「に」で始まることわざ 2017.8.7 【鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・… 「う」で始まる慣用句 2017.12.1 【鵜呑みにする】の意味と使い方の例文(慣用句) 「ね」で始まることわざ 2017.7.30 ことわざ・慣用句一覧 2020.1.6 体のことわざ慣用句一覧 ことわざ・慣用句一覧 2018.6.24 逆引き検索一覧 ことわざ・慣用句一覧 2020.1.8 人生・日常生活のことわざ一覧 ことわざ・慣用句一覧 2018.10.6 誤用・間違えやすいことわざ慣用句 先頭が「く」のことわざ・慣用句の意味と読み方 群鶏の一鶴 (ぐんけいのいっかく) 野鶴在鶏群(やかくけいぐんにあり)ともいう。 多くの人の中で、特にすぐれている者。 何のとりえもない人々の中に一人だけ優れた人物が混じっていること。 「鶏」がつく二字熟語・三字熟語・四字熟語や名詞など(黄鶏:かしわ,暁鶏:ぎょう-けい,金鶏:きん-けい..)掲載語句件数:150件。語句を構成する各漢字の書き順などの情報を表示できます。 先頭が「き」のことわざ・慣用句の意味と読み方 牛刀をもって鶏を割く (ぎゅうとうをもってにわとりをさく) 「鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん」ともいう。 小事を処理するのに、大掛かりな手段を用いる …