ATM 手数料 勘定科目

銀行の振込手数料の勘定科目と仕訳銀行の振込手数料の勘定科目は「支払手数料」になります。銀行で振込を行った際にかかる振込手数料は、「支払手数料」として経費に計上することができます。銀行の振込手数料の仕訳例銀行の振込手数料として300円がかかっ お振り込みの場合、上記手数料のほか振込手数料が別途必要となります。 くわしくはコンビニatmの振込手数料(当行キャッシュカード利用の場合)をご確認ください。; 25日、月末日が銀行休業日の場合は、前営業日となります。 金融機関で振り込みを行った際に発生するものをはじめ、「手数料」と名の付くものであればおおよそ該当 … 税金の申告に役立つ仕訳の知識 個人事業主の経費の仕訳と勘定科目 支払手数料. 銀行手数料の勘定科目 「支払手数料」の勘定科目は、青色申告決算書にはないので、銀行の手数料は雑費を使います。 ただ、毎月必ず手数料が発生する場合などは、「支払手数料」という勘定科目を自分で追加しましょう。 イオン銀行atmで当行キャッシュカードをご利用の場合 ★12月31日~1月3日は「土・日・祝」のご利用時間・ご利用手数料となります。 その他の提携金融機関atmで当行キャッシュカードをご利用の場合 ★atm設置金融機関所定の手数料がかかります。 勘定科目の中で、意外に使用頻度が高い項目である『支払手数料』。取引先が多い会社ですと、この支払手数料は毎月かなりの金額が計上されます。では、支払手数料はどのような範囲まで適用され、他の科目とはどのように違うのでしょうか。 スポンサーリンク. 総務 銀行のATMでの利用手数料がかかった場合は、帳簿に記入する際の勘定科目は何にすればよいのでしょうか?振込時にかかる手数料なら支払手数料ですが。。引出の際なら、何で仕訳ればよいのでしょうか?経理の初心者なものでよくわかりません。