M65 ライナー 年代


完全復刻された14の資材に加え、60年代デッドストックConmar Zipper、70年代米軍実物表地“NYCO Sateen, Olive Green”、70年代米軍実物ライニング地“NYCO Oxford, OG107”と共に今蘇る、NAM戦“M65 Field Jacket, 2nd Model”。残されたConmar Zipper 250本、その全てを用い制作される、MASH渾身 …
M65(英: M-1965 field jacket )は、アメリカ軍によって用いられた戦闘服(野戦用ジャケット)。. 1970年代のベトナム戦争期に、化学兵器の侵入を防ぐために作られたライナーシャツです。 元々はインナー用のシャツですが、ケミカルプロテクトライナーは、シャツとしてもジャケットとしてもどちらでも楽しめる逸品! 仕様番号MIL-DTL-43455にて規定される。正式呼称はCOAT, COLD WEATHER, FIELD。一般的にM-65フィールド「ジャケット」と呼ばれているが、アメリカ軍MIL規格上の呼称は「コート」である。 m65フィールドジャケットの人気ブランド。 今季ミリタリートレンドの流れで ma-1 と同様に再注目されているm65。 今回はm65に定評のあるミリタリーブランドや、トレンドブランドのm65などをまとめています。 投票期間:2015年9月11日~

70年代にアメリカ軍で使用されていたm65フィールドジャケットのキルティングライナー。本来ライナーなのでボタンはついていない。古着屋でデッドストックや状態のいいモノが数千円で手に入る。保温性が高いので肌寒い時に羽織ればジャケット代わりになるスグレモノだ。 右は1952年頃のM51、左は80年代のM65 両者の外観で最も異なる特徴は、シェル(本体)にフードが付いているかどうか、また、肩にエポレット(肩章、ショルダーループ)が付いているかどうかです。フード、エポレットが付いていないものがM65になります。