Mac 予測変換 リセット

少ないタイプ数で文章を入力できるMicrosoft IMEの予測変換機能は便利ですが、誤った入力を学習して不要な予測候補が表示されてしまうことがあります。このような場合は候補を削除して、必要な候補を選びやすくしましょう。 iPhoneの変換履歴(予測変換)についてなのですが、どうしても消えない単語があるのですが、どうにか消す方法はないでしょうか?キーボードの変換学習のリセットをしてもなぜか残ります。そして復元し初 期化された真っ新の状態でも残っていま … Macを長く使っていると…自分がいつも使っている単語などを学習して賢くなるはずですよね!?しかし…実際は長期間使うと学習したはずの予測変換が変になってしまう事があります。自分の場合ですが…「リングフィット」と単語をタイプすると自動的に「りました。 入力履歴を「imeの予測入力」を使用すると辞書にないような言葉や頻繁に入力する言葉をササッと変換することができるようになります。 ただ、プロジェクターを使ったプレゼンや人の前で、imeを使った入力作業をするときには、注意しましょう! Q 【Macの予測変換の削除について】 文字変換する際に、以前、辞書登録しており、現在は辞書から削除している単語が、変換候補として出て来るのですが、こちらの削除方法が分かりません。 スペックは添付画像 の通りです。 ライブ変換だけでなく、文字変換予測の内容もリセットされるのでご注意ください。 以上、どなたかのご参考になれば幸いです。 はじめてのマック 2020 Macを買ったら最初に身につける操作・設定・活用の教科書 (Mac Fan Special)

Windows10PCのMicrosoft IMEには予測変換機能がありますが、間違って入力してしまった文章も予測変換候補として表示してしまう欠点があります。この記事では、Windows10のIMEの予測変換の履歴を削除(リセット)する方法を紹介しています。 まとめ:Macの予測変換がおかしいときの対処方法・直し方. 推測候補表示機能では、利用者の確定履歴の情報を元に推測候補を表示するわけですが、中には推測表示されると困る文字をATOKが学習してしまう事があります。そんなときに特定の単語だけを推測候補から削除するための小技をご紹介したいと思います。

このように予測変換がカオスになってきた場合は、一度リセットするのが良いでしょう。 「設定」アプリの[一般]から[リセット]に移動すると[キーボードの変換学習をリセット]という項目があり、ここからリセットが可能です。 最近、Mac(OSはmacOS High Sierra)の変換が時々おかしいことに気がつきました。よく調べてみると、アルファベット1文字の変換候補に変なものが紛れ込んでいるようです。私の場合は、「r」の変換候補が「パテ」!「m」の変換候補が Macの予測変換が明らかにおかしい場合、キーボード変換学習が原因。 キーボード変換学習をリセットすることで直すことは可能。 残念ながら学習した変換パターンを個別に削除することはできない。 予測入力は、キーボードから何文字か入力した場合に変換候補を表示してくれるアレです。 例えば、「よそく」と入力すると「予測」「予測変換」「予測候補」などが変換の候補が表示されます。