Word 表 脚注

Wordで文書を作成しているのですが、図表番号に脚注をつけるにはどうしたら良いですか? 図表番号には、脚注はつけられませんが、図表番号を付けた図や表などを選択すれば、それらを対象に脚注も設 … ワードで表を作成・編集ができるようになれば具体的かつ詳細な資料を作成することが可能です。この記事では基本的なワードの表の作成・編集から表の挿入、分割、幅の変更など表に関することを網羅しております。ワードの表をマスターしましょう。 Word(ワード)基本講座:脚注・図表・引用文献・索引の共通メニュー ワード2010、2013、2016の脚注・図表・引用文献・索引に関する共通メニューです。 スポンサードリンク

Word(ワード)での脚注機能の使い方を説明します。レポートや論文を作成するときに便利な機能ですよ。脚注の境界線を変更する方法なども説明します。

脚注の番号書式を、Wordに用意されている他の番号書式に変更する方法です。 (1)脚注領域にカーソルを移動し、[脚注と文末脚注] ダイアログボックスを表示します。 (2)書式の [番号書式] のリストから変更したい番号書式を選択し、[適用] ボタンをクリック。 Word(ワード)では、脚注をつけたり削除することができます。 脚注をつけたい 脚注を削除したい 文書内の単語の意味を説明したい 補足説明を記述したい今回は、Word(ワード)で脚注の入れ方・削除の方法を紹介します!Office 365 2 Wordでは脚注を挿入可能です。今回はWordで本文の下の方につける注記である脚注を入れられるようになりたい、入れる必要がある文章を作るという方に是非覚えてほしい、Wordにおける脚注の付け方・書式や削除方法を含めてご紹介をします。 Word(ワード)基本講座:脚注・図表・引用文献・索引の共通メニュー ワード2010、2013、2016の脚注・図表・引用文献・索引に関する共通メニューです。 スポンサードリンク

Word(ワード)で、注釈を入れるには、挿入-参照-脚注から操作を開始します。頻繁に脚注の挿入を行うのならばショートカットキーCtrl+Alt+Fを利用するのが便利です。 「脚注」は用語の説明文などを欄外に書くことのできる機能です。 今回は、Wordで脚注を入れる方法、そして脚注の書式や位置を変更する方法を解説します。

ここでは、Wordの脚注機能を使って典拠を示す方法を紹介します。 この例では全部で11の注を付けることになるますが、以下見ていくように、注番号をつける部分はあらかじめ (1) ~ (11)の番号を入れておき、わかりやすくするため黄色でマークしてあります。 Wordで文書を作成しているのですが、図表番号に脚注をつけるにはどうしたら良いですか? 図表番号には、脚注はつけられませんが、図表番号を付けた図や表などを選択すれば、それらを対象に脚注も設 … 脚注の番号書式を、Wordに用意されている他の番号書式に変更する方法です。 (1)脚注領域にカーソルを移動し、[脚注と文末脚注] ダイアログボックスを表示します。 (2)書式の [番号書式] のリストから変更したい番号書式を選択し、[適用] ボタンをクリック。 表の脚注の順番がおかしくなる(逆になる) 表に脚注を挿入した場合、1列目から順に挿入されます。次ページに連続しているセルの場合、次ページの脚注は前ページの2列目よりも先の番号になるため、脚注の順番が逆になってしまいます。