excel 日付 1900年になる

Windows版 Excelでは1900年日付システムが既定で使用されていますので、1900年以前については注意が必要です。 なお、Macintosh版Excelでは1904年日付システムが既定で使用されています。

Excelで日付を扱うために知っておきたい「シリアル値」。名前を聞いただけで拒否反応が出そうな「シリアル値」を、超わかりやすく解説!この考え方が分かると、セルに数字を入力したら日付になっちゃった!などのトラブルにも余裕で対応できます。Excel・エクセルの知識。 セルa11には西暦1900年1月5日の18時ということで、「1900/1/5 6:00」と入力されています。 1900年1月5日の18時は、西暦1900年1月1日午前0時から数えて5日と四分の三ですので、5.75となります。 標準形式の表示形式に変更し確認しましょう。 Excel日付は1900年1月1日を「1」として数えた連番ではなくて 1900年3月1日を「61」とした連番であると認識すると良い これで世界が一つ平和になった. Excelは、日付を「シリアル値」と呼ばれる情報で管理しています。 シリアル値というのは「特定の日付が1900年1月1日から数えて何日目か?」を表す数値です。 例えば「1900年1月1日」のシリアルコードは「1」で、「1900年1月2日」のシリアル値は「2」です。 てゆうか 1900年うるう年問題よりも 1899年以前の日付が認識できていないことの方が問題なきが・・・