wordpress 現在のurl 取得


ワードプレスを構築する中で、一般設定のサイトアドレス(url)を触ってしまって、サイトの管理画面にすら入れなくなってしまった…なんてことになったら焦りますよね。そんな大変なエラーを起こしてしまった時の対処法をお伝えします。 WordPress で現在ページを取得する方法についてです。 現在ページのURLを取得する最適な方法. WordPressでメディアのURLを取得する Posted 2017年2月18日 by nakaike WordPressでは、アップロードした画像や動画などは、メディアとして管理されます。 $_SERVER; WordPress のURL URI パスを取得・出力する関数.

WordPressでトップページのURLを取得する関数、home_url()。よく似た名前のget_home_url() という関数との違いが曖昧になりがちなので、仕様と用法をまとめました。 WordPress ホーム(トップページ)のURLを取得する home_url() 通常のテーマやプラグイン開発において、トップページURLを取得 … Javascriptを使って、現在開いているページのURLを取得する方法です。 Javascript で現在のページのURLを取得する方法 ブラウザー上で動作するJavascriptには「window」という名前のオブジェクトが存在し、またwindow.locationでアクセスできるプロパティにURL関連の値やメソッドが実装されています。
JavaScriptで現在のウェブページのURLを取得する方法の紹介です。 JavaScriptでURLを取得したり、パラメタを取得したりするには、Locationオブジェクトを使います。 URLの取得、ホスト情報の取得、アンカーの取得、パスの取得、パラメタの取得など、基本的なデータの取得方法を記載します。 WordPressで現在のページURLを取得する場合、ループ内であればで問題なく取得できます。しかし今回は、ループ外で取得する必要がありました。WordPressの関数をなんか使えばいけるだろうと軽く考えていたんですが、案外と難航したので今後のためにもメモ。 WordPressサイト内のURLを取得する関数をまとめました。home_url関数や、シングル・固定ページ、アーカイブ、テーマ関連、プラグイン関連、管理ページ、マルチサイトに関するURL。 こんにちは! ライターのナナミです。 みなさん、サイトやブログのURLって気にしてますか?ブログページなら「blog」アバウトページなら「about」…URLでどのページなのかがわかりやすいと、何かと便利ですよね。 でもWordPressだと自由に設定できないんじゃない…? この関数は、WordPressループ内で使用すると現在対象となっている記事のURLを返します。この点ではthe_permalink()と同じ挙動をします。 ところが、get_permalink()は投稿のIDを指定すればWordPressループの外でもURLを取得してくることができます。 WordPressでメディアのURLを取得する Posted 2017年2月18日 by nakaike WordPressでは、アップロードした画像や動画などは、メディアとして管理されます。 廃止された取得方法bloginfo( 'home' ). WordPressで「現在表示中のページ」のURLを取得する方法まとめ。カテゴリやタグアーカイブの取得、2ページ以降もカバーする方法も。条件分岐せずPHPで直接取得するときの方法もご紹介しています。 WordPressでwwwありとwwwなしのURLを正規化するメリットと、実際の手順についてスクリーンショットの画像も使いながらわかりやすく解説します。htmlサイトや他のCMSからWordPressへの移行を考えている方は是非参考にしてみてください。

Retrieves the URL for a given site where WordPress application files (e.g. WordPressで現在のURLを取得する方法を解説しました。 通常のURLを取得したければ「get_the_permalink()」で取得できますが、独自のGetパラメータも取得した場合はオリジナル関数を使うと取得できます。 site_url() テンプレートタグは、現在のブログのサイト URL (WordPress コアファイルが置かれている位置) を取得するために使います。 取得する URL には is_ssl() / en が有効の場合は 'https'、それ以外の場合は 'http' といった適切なプロトコルが含まれます。

WordPressでトップページのURLを取得する関数、home_url()。よく似た名前のget_home_url() という関数との違いが曖昧になりがちなので、仕様と用法をまとめました。 WordPress ホーム(トップページ)のURLを取得する home_url() 通常のテーマやプラグイン開発において、トップページURLを取得する … これだけあればpathやURLを指定する時に困ることはありません WordPressには便利なタグがたくさん用意されています。 たくさん用意されすぎていて 「小テーマへのパスは何で指定するんだっけ?」
以前はサイトのURLを出力するのに、bloginfo( 'home' )を使用していましたが、この使い方は廃止されましたので注意してください。bloginfo()そのものはサイトのタイトルやキャッチフレーズを取得する使い道で、現在も有効です。 WordPressで開いているページのURLを取得するには、 echo get_the_permalink(); だけでOKなんですが、独自にGETオプションなんかをくっつけている場合には、get_the_permalink()では取得できません。 そこで、 echo $_SERVER . HTML ファイルの場合、通常は画像や他のファイルへのパスはそのファイルが置いてある場所から相対的な場所(位置)を指定しますが、WordPress では指定の方法が異なります。 テーマやプラグインをいじっていると各所でurlを取得したいときがあります。関数を覚えられずその度に取得方法を検索するのも面倒なのでまとめておきます。 WordPressの記事URLの一覧を取得する方法はいくつかありますが、Yoastのサイトマップからコピーするのが簡単です。MySQL、プラグイン、PHPの方法も紹介します。Webマスターツールへの登録、URLの一括変更などのご参考にどうぞ。

wp-blog-header.php or the wp-admin/ folder) are accessible.